株式譲渡

長期売却支援後の会社売却M&A実現。巨大シナジー発生し売却後も急成長しました エートゥジェイ様

 

Q1 ブルームキャピタルとの接点と経緯についてご教示くださいますか?

 

A1 弊社は、On-Off lineのクリエイティブ、プロモーション、コンテンツを駆使して、大手企業から中小企業に渡り、幅広い業種の企業の販促活動の支援を行っております。友人の紹介により、長期間のコンサルティングののち、M&Aの支援をいただきました。まさにCEOの守護神・社外CFOというイメージでした。

<M&Aにかかるインタビューはこちら>

 

 

 

Q2 長期的なM&A等に向けた成長支援サービスをお受けいただいていたと思いますが、実際にサービス内容はどうでしたでしょうか?どのような強みを感じていただけましたか?

 

A2 机上の資金繰り・事業計画の作成サポートだけではなく、新規事業開発の支援や、実際に営業支援にまでおよびます。弊社は仕入調整があるビジネスであり、緻密な経営、財務計画が必要とされます。そのため、特にコストやCF等の面で、予実差異が出ないような綿密なプロジェクションの作成が不可欠です。

それらの管理・支援により、会社売却までの数年で急速な利益成長が実現しました。「他社はこうして成功した」といった経験に基づく細部のアドバイスが効いてきています。資本・業務提携に関しても、宮崎さんのIT・ネット・ベンチャー業界での幅広い人脈や見識を活かしたサポートを頂いております。弊社ではIT系上場企業様との資本提携も紹介からクロージングまですべて見ていただきました。これはダイレクトに売上増加につながりました。

 

Q3 その他コメント、本案件を通じて考えたこと等をお願いできませんでしょうか?

 

A3 売上増加・コスト低減という視点をいつも見ていただけるのが経営者としては一番心強いです。良いところは、スピード感とクオリティですかね。他社事例含め実経験等のアドバイスが主体であり納得感があり結果が出ます。「専門家的」アドバイスではなく、まさに「CEOホットライン」になっています(笑)。
通常、中小、ベンチャー企業の代表者は会社の中身の様々な事象、課題に対して悩み、意思決しますが、事例に沿って説明してくれるので役員全体にも納得感があり、課題解決までのスピードが格段に上がりました。特に、「これは失敗しそうな傾向だ」とか「このような事業は他社でもあったが、この点を改善できる余地がないとやめておいたほうがいい」といったような事業面でのかなり細かい実務的アドバイスは本当に助かります。あとはなんといってもネットワークの広さとレベルの高いファイナンスの知識です。ファイナンスの知識という意味では、VCさんとの会議に同席いただくことでよく理解しました。VCさんに逆にレクチャーされるくらいなので・・・(笑)。圧倒的に実務レベルが高く、非常に心強い存在です。これが最終的なM&Aにも繋がったのだと思います。

 

※社名や役職など取引日付けです。