ドラッグアロングライト(Drag Along Right:共同売却請求権)

« Back to Glossary Index

 ドラッグアロングライト(Drag Along Right:共同売却請求権)とは、株主間契約又は投資契約における典型的な規定の1つで、創業者オーナー等が第三者との M&A イグジット(トレードセール)を希望する場合に、他の株主の株式も併せて第三者に強制的に売却させる権利をいいます。

 

 当該権利が行使された場合に売渡義務を負う他の株主は、原則として、当該権利保有者の売却価額と同等の対価を受領することになります。

創業者オーナーにとってのメリット

 ドラッグアロングライトを保有する株主は、自社の全株式を纏めて第三者に譲渡することが可能となるため、自社への単独出資(100%買収)を望む第三者とのM&Aイグジットの機会を確保でき、好条件でのEXITの機会を追求しやすくなる利点があります。

M&A 用語集に戻る

動画で学ぶ
会社売却

週間
宮崎レポート

M&A用語
データベース

『会社売却とバイアウト実務のすべて』書籍サポート

会社売却道場
トップに戻る