イメージ
業務サービス

弊社の強みと特徴

売却サポートの強み ~特にベンチャー企業・オーナー系企業~

売却型M&Aは高度に専門特化された領域です。買収側のM&Aとは準備すべき事項、手続き、必要となる作業等あらゆる事項が異なります。これに特化した稀有な実績とノウハウの集積を有するのが弊社です。ベンチャー企業・中小オーナー企業の売却・バイアウト取引やIT・インターネット業界の売却・バイアウト取引の豊富な実績を有します。

ブルームキャピタルは、数々の会社売却(バイアウト)案件・M&Aイグジット案件、アーリーリタイア案件、子会社や事業の売却案件を成功に導いています(なお、「バイアウト」という用語は本来「買収」を意味しますが、しばしば本邦実務界では「売却」の意味で用いられますので、本サイトでも同様の意味で用いている場合があります)。なお、この検討については、まずIPO・上場などの選択肢、株式交換を用いた売却の選択肢、会社清算の選択肢なども比較検討することが必要となります。弊社では様々な企業または事業の売却・バイアウトサポートを行いますが、特にベンチャー企業・中小オーナー企業の売却・バイアウト取引やIT・インターネット業界の売却・バイアウト取引は特に実績の豊富な領域です。弊社ではこれらの取引をサポートする場合、同規模のM&A案件を扱う他社に比べ、大幅な労力をかけて準備を行います。通常のサポート形式においては、必ずといってよいほど、対象会社のビジネスDDを含めた簡易的なセルサイドDD、インフォメーション・メモランダム(会社の魅力を訴求するプレゼンテーション)策定、予測KPIの妥当性検証、財務プロジェクション(財務3表やKPIモデルの総合モデル)策定、シナジー創出ストーリーの策定、最適な候補の抽出、特定の買収者候補を想定したシナジーの計量化、M&Aプロセスの各段階における開示情報の選別、想定問答集の策定・・・等といった作業を1から対象会社に合った形で「売り手」側のみにたって策定支援していきます。この作業により、結果的には買収者側も検討がスムーズにできるようになり、かつ買収後もマネジメントが楽になるという副次的効果もあり、取引当事者双方から特に高い評価を得ています。これらを基本事項として売却活動を行っていきます。
また、企業価値評価についても特殊な手当てを行います。ベンチャー企業の売却(M&Aイグジット、買い手によるベンチャー企業のバイアウト)では通常用いられる企業価値評価手法(類似会社比較法やエンタープライズDCF法)では算定しにくいほどの高い価値で売却が成立するケースがあります。特にベンチャー企業や小規模~中堅規模の企業においては、その将来FCFの不確実性ゆえ、先に述べたような従来の企業価値評価モデルが利用しにくい場合が大半です。また、シナジー評価を適切に行うことは非常に重要ですが、シナジーFCF創出の不確実性を鑑みると評価も複雑になります。これらに解決の糸口を与える手法としては、確率シミュレーションを活用した特殊なDCF法や、CEQ法(Certainty Equivalent、確実性等価キャッシュフロー法)、ファーストシカゴ法、ディシジョンツリー法、モンテカルロ法、リアル・オプション法、これらを組み合わせた手法等様々な応用モデルが存在し、弊社ではこれらを活用して企業価値評価を議論します。弊社では不確実性の大きい事業等にかかる企業価値評価については国内最高峰のノウハウを有しています。もちろん、買収者の中には、高度な企業価値評価モデルを重視するのではなく、キーパーソンの決断ですべてが決定するという相手もいますので、そのような買収実務も踏まえて、企業価値評価にかかる交渉戦略を検討します。
弊社では、専門的なアプローチと現場の意思決定の実態を十分に理解した上で売却サポートを行っています。このような理論と実務の両面のノウハウを十分に兼ね備え、小規模から中規模までのM&Aアドバイザリーを行っていることは、ブルームキャピタルの強みの一つであるといえます。「仲介」スタイルでは利益相反の関係でそもそも実現できないことでありますが、通常の「アドバイザー」と呼ばれるプレイヤーであってもこの専門性について真似できるプレイヤーはほぼ存在しないものと自負しています。

国内外の豊富なネットワーク

アメリカ、フランス、イギリス、韓国、香港、シンガポール、中国、台湾、ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、イスラエルといった国々の現地プロフェッショナルとの連携実績も豊富です。

ブルームキャピタルはTMT・IT業界(IoT・メディア・ネット・テレコム・モバイル・コンテンツ・エンターテイメント・ゲーム等といった業界)を中心に、多くのクライアントとの取引実績を有します。当初このように対象業界を絞って事業活動をしてまいりましたが、本文章を執筆している2017年現在では、あらゆる業種のお客様とお取引させていただいております。これは、あらゆる業種においてIT・インターネット等を活用する時代が来たことにもよると考えております。
つまり、弊社でTMT・IT業界に長年特化して資本政策にかかるアドバイスを行ってきた結果、TMT・IT業界に属さない業種様(金融業、製造業、教育産業、店舗運営業、倉庫業等様々)における資本政策にかかるアドバイスをさせていただく中においても、それらの産業とIT技術を融合させることで企業価値向上を図るストーリーを構築し、それに基づいて資本ストラクチャーを検討していくことが可能となった結果ともいえます。加えて、TMT・IT業界に属するアジア・ユーラシア地域に所在する主要企業およびベンチャー企業とのとのコンタクトも重要な資源となっています。特にカバーしている国々は、アメリカ、フランス、イギリス、韓国、香港、シンガポール、中国、台湾、ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、イスラエルといった国々です。これらの国々には強力なパートナーが存在します。さらに、銀行、投資銀行、法律事務所、会計事務所のネットワークも数多く保有しており、アジア・ユーラシア地域におけるクロスボーダー取引のきめ細かな支援体制も整っています。

紹介だけでない幅広く、すばやいサポート

中小・ベンチャー・中堅企業の売却型M&Aの世界では「仲介会社」という「紹介」を主要なサービスとしたプレイヤーが主流です。しかし、売却者側にとってはそれでは本来不十分です。弊社は「紹介」のみならず大企業のM&Aアドバイスに比肩し、中小・ベンチャー・中堅企業用にカスタマイズされた包括的な売却サポートを提供します。

ブルームキャピタル主要メンバーは、かつて組織再編、企業再生、MBO、TOB、デット・リストラクチャリング等幅広く深いエクセキューション経験を持ち、投資銀行業務にかかる高い専門性、交渉ノウハウ等を保有しています。M&Aをサポートする企業の中では、財務プロジェクション(エクセルシートで通常10枚以上のモデル)やインフォメーション・メモランダム(IM)を作成せず、その必要性の指摘もなしに案件を進めて行くファームも存在します。スピード優先でこのような作業を省略するケースはありますが、この財務プロジェクションやインフォメーション・メモランダムは売却準備として非常に多くの示唆を与えてくれる一方で、非常に大きな負担がM&Aをサポートする側にも発生します。このようなエクセキューションを可能な限り行うというのがブルームキャピタルのスタンスです。最近では「M&AアドバイザーがM&Aの素人で、仲介だけして何もしないのに報酬をとられた」という声も多く耳にします。確かに、TMT・IT業界では案件サイズが比較的小さいため、プロのM&Aアドバイザーがあまり市場に参入していません。だからこそ、ブルームキャピタルは大規模M&Aアドバイザリーに比肩するほどのサポートの厚みを実現することで、案件サイズによらず高付加価値サービスを提供していきたいと考えています。