イメージ
業務サービス

投資銀行業務

会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー

企業・事業の「売却」(ベンチャー業界でいう「バイアウト」と同義)にかかるアドバイザリーサービスを提供します。ブルームキャピタルが最も得意とするサービスであり、業界を絞っていることにより高付加価値サービスを提供します。M&Aアドバイザリーにおいて、「買収側」と「売却側」では必要とされるノウハウ、材料、ネットワークは大きく異なります。

初期段階におけるディールフロー例は以下のとおりです(一定程度クローズドな環境かつ入札プロセスを利用して企業または事業を売却するケース)。

会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー

関係会社や事業売却について、売却・バイアウトプロセス立案から最終入札(相対取引であれば相手からの条件提示)、クロージングまでの全プロセスにつき支援を行います。ケースにより、相対形式による売却・バイアウトが適する場合もあれば、入札形式を組んだ方が有利と判断できる場合もあります。状況を鑑みて最適な判断をいたします。事業譲渡等の事業売却の場合等、事業理解が特に重要となるケースにおいては徹底したセルサイドDDを実施します。その上で、本来の正常収益力の判定、EBITDA修正、切り出し財務諸表の確定、税務や繁雑性等を考慮した最適スキームの立案、(セルサイドDDによる検出事項を鑑みた上で)最終契約締結時の交渉戦略立案(リーガル業務等の士業業務を除く)等迄一貫してサポートします。徹底的な事業理解をベースとして、KPIの再確認、ロジックの補強、財務プロジェクション(モデル)策定、Valuationを実施し、Sellerに有利となるポイントや不利となるポイントを整理します。入札形式で売却・バイアウトを行う場合のプロセスレター作成においては、Sellerによるディールコントロールが適切に維持できるような仕組みをケースに応じて構築していきます。インフォメーション・メモランダム作成に当たっては、記載するコンテンツの決定は勿論のこと、対象会社(事業)の魅力を最大限に訴求できるよう、細心の注意を払いながら作成してゆきます。相対形式も入札形式も、決まった形式や進行順序は存在しません。ディールの進行状況に応じて、売却者に有利な交渉が可能となるように様々なアイデア・アドバイスを提供します。

TMT・IT業界の場合、弊社がダイレクトに買い手候補企業のトップ層とコンタクトを保有しているケースが多く、容易に初期的アプローチが実施可能であり、また、TMT・IT業界に属する各社がどのような企業に対する買収アパタイトがあるかについても弊社にて把握しているケースも多く存在します。

企業・事業買収にかかるM&Aアドバイザリー

弊社では現状、会社または事業の「売却者側」に対するアドバイザリーに特化してアドバイザリー業務を展開しております。従いまして、原則として買収者側に対するアドバイザリーやいわゆる「仲介スキーム」と呼ばれるような買い手・売り手双方から報酬を受領するような支援スタイルは主体的に行っておりません。

企業再生アドバイザリー

弊社では現状、会社または事業の「売却者側」に対するアドバイザリーに特化してアドバイザリー業務を展開しております。従いまして、原則として企業再生案件を主導する立場としてのアドバイザリーは主体的に行っておりません。ただし、企業再生フェーズの企業において、事業部の売却や子会社の売却等のリストラクチャリングニーズがある場合、これらの売却アドバイスに限定してサービスを提供させていただく場合があります。

資金調達アドバイザリー

資金調達が必要な上場企業、非上場企業および個人に対して、各種ファイナンスの支援を行います。ベンチャー企業の資金調達、上場企業の資金調達、プロジェクト・ファイナンス、ファンド募集支援等、弊社が手掛けることで成功確度が上がると判断できるタイプの資金調達については積極的に支援を行います。また、提携証券会社との連携により引受関連サービスに関するご相談についても承っております。ベンチャー企業のケースにおいては、顧問としてのポジションでEXITまで長期的に支援させていただくケースもございます(コンサルティング事業)。その過程の中で、ベンチャーファイナンスを実施する際には、スポンサー(VC/事業会社)等の紹介、資本政策のアドバイス(ストックオプション/種類株式等を用いた交渉等)、調達の成否を分けるともいわれる会社説明資料作成にかかるアドバイス等を実施します。